令和4年第4回(12月)定例会一般質問動画を公開します。

あけましておめでとうございます。
本年も「今こそ!荒木たかゆき」ブログをどうぞよろしくお願いいたします。
2023年がみなさまにとって良い年となることをご祈念いたします。
さて、令和4年第4回定例会一般質問の動画を公開いたします。
今回は、「消防団の操法大会について」「競争入札参加資格申請(指名願)について」を質問しています。
ご視聴していただき感想をいただけたら幸いです。
また、現在第3回定例会と第4回定例会をまとめた「市政報告vol25」を作成中です。近日中には、掲載したいと考えていますので、しばらくお待ちください。











荒木たかゆきの一般質問を傍聴しませんか?

令和4年第4回菊池市議会定例会の荒木たかゆきの一般質問を
令和4年12月7日(水)午前11:00から行います。
今回の質問は、「消防団の操法大会について」と「競争入札参加資格申請(指名願)について」の2問です。
師走に入りお忙しい時期と思いますが傍聴いただければ幸いです。
また、支援者の方にご案内のハガキを送らせていただいておりましたが、新型コロナの第8波の感染拡大が懸念されていますので、控えさせていただきました。
なお、一般質問の内容につきましては、9月・12月合併号の「市政報告vol25」にてご報告いたします。
※傍聴いただける方は議場内でのマスクの着用にご協力ください。
594816.jpg

今だけ!金だけ!自分だけ!

本日11月29日から令和4年第4回菊池市議会定例会が開会しました。
当日に議決を要する案件がありまして、それがコロナ禍により市議会議員の期末手当(12月ボーナス)が一部カットになっていたのでカット分を戻すという議案でした。
荒木:「市の職員の給与は生活給であるが、議員の報酬は生活給ではない!」
「これまで菊池市の厳しい財政状況を鑑みたときに、まずは議員が身を切る改革が必要と考え、議員定数の削減、費用弁償(議会出席ごとに2,500円)の廃止、コロナ禍の間は議員報酬30%カットを提案してきたがすべて否決されている。市民がコロナ禍できつい思いをしているときに、私たちだけ良い思いはできない。」
として反対討論しました。
 結果は反対9名、賛成10名で残念ながら可決しました。あと1人で否決にもっていけましたが、想いが通じなかったことは自分の反対討論の説得力不足だと反省しています。
 選挙のときに「市民のため」と言っていた議員がボーナスアップに反対したか?賛成したか?は、支持された各々の議員にお尋ねください。
image0 (1)

image1.jpeg

第三セクター交際費不正支出について(その2)

 11月21日(月)に菊池市議会全員協議会が開催され、令和2年から問題となっていました菊池市が85%以上を出資する「七城温泉ドーム」と「七城メロンドーム」の交際費が5年で2,000万も支出され、酒席でのコンパニオン代や外国人パブでの2次会に使われていたことが判明。
不正支出に対する不満の声を受け市の監査委員会が調査し、交際費2,059万円のうち523万円が不正支出と認定。
しかし、不正支出を行った2つの法人が自分たちで精査した結果、523万のうち263万だけ返納したいというのが前回までの報告でしたが、私たち5人はなぜ全額返さないのか?と説明を求めていましたのでその資料が提出されました。
とても納得がいく説明ではありませんでしたので、下記の件を江頭市長に問いました。

荒木:市長の判断で市の監査委員に調査をお願いした経緯がある。その監査委員が523万円が不当としているなら全額返還が当たり前である。第三セクターが半分しか返さないという決定を尊重するのか?監査委員の決定を尊重するのか?

市長:監査委員は523万円を不当としているが、返還しなさいとは言っていない!

荒木:「はぁ?」ではこれで交際費不正支出問題は幕引きにするつもりか?

市長:「無回答」そもそも何で議員に三セクの不当支出の明細を答えないといけないのか分からない?

荒木:「はぁ?×2」三セクは民間企業ではなく、年間の指定管理料(税金)が入っているし、土地建物の固定資産税は免除、修繕費も税金で賄っている。市議会に納得いく説明は当然でしょ!
301796365_2834593230018019_7250922409377952514_n.jpg

と市長から無責任な答弁が連発しました!この問題を当初から追及している私たち5名の議員からすれば、不当支出526万円全額返金をまず行い、その後に社長および取締役(市長も取締役の1人)が市民に対してどのような責任を取るかだと思います。
※なお、市長が三セクから供応接待を受けた分と市長後援会親睦会に三セクから支出されたお金は不当支出という判断が監査委員から下されています。
image0.png

image02.png





第三セクター交際費不正支出について

10月21日(金)に菊池市議会全員協議会が開催され、令和2年から問題となっていました。第三セクターの交際費不正支出について報告がありました。

令和2年8月:菊池市が85%以上を出資する「七城温泉ドーム」と「七城メロンドーム」の交際費が5年で2,000万も支出され、酒席でのコンパニオン代や外国人パブでの2次会に使われていたことを熊日新聞が報じる。

令和2年12月:荒木たかゆきの一般質問において、江頭市長が2つの三セクから計27回の供応接待を受けていた。また、香典代の約100万円が使途不明になっていることが判明したことで、議員有志と100条調査会を提案するも否決。

令和3年12月:不正支出に対する不満の声を受け、市の監査委員会が調査し、交際費2,059万円のうち、523万円が不正支出と発表。

というのがこれまでの主な時系列ですが、全協において報告されたのが、不正支出を行った2つの法人が自分たちで精査した結果、523万のうち263万だけ返納したいとのこと。はぁ?
例えは悪いですが、これって泥棒が盗んだうち半分だけ返しますと言ってるのと同じではないでしょうか?
市の監査委員が523万を不正支出と認定してるのですから、全額返金するのが当然です!
また、使途不明な香典代165件のうち返金すると言ってきたのは、わずか23件でした。
このことについては、到底納得できませんでしたので返さないとした不正支出を1件1件すべて報告するように要望しました。
私の一般質問で市長は「会社が宴会を用意したので供応接待ではない」と答弁されていましたが、監査委員から指摘された宴会代6万3000円を全額返金しています。
これで、三セクは交際費不正支出問題を終わりにしたいようですが全額返金するまで終わらないと考えます。
最後に、全協においてこの件について厳しい意見を言ったのは、私たち5人(木下、二ノ文、福島、大山、荒木)の議員以外にはおらず、なぜか共産党議員も公明党議員もダンマリでした。
image0 (1)

image2.jpeg

プロフィール

takayuki araki

Author:takayuki araki
荒木崇之(49歳)

1973年7月
熊本県菊池市泗水町福本生まれ

泗水町立泗水小学校卒業
泗水町立泗水中学校卒業
県立鹿本高等学校卒業
宮崎産業経営大学卒業

1996年4月1日
泗水町役場に入庁
泗水町教育委員会社会教育課(5年)
泗水町農業委員会(5年)

2005年3月22日
市町村合併により菊池市へ

菊池市議会事務局(5年)
菊池市役所税務課(1年)
菊池市教育委員会泗水分室(10か月)

2013年1月31日
菊池市役所を退職

2013年4月14日
菊池市議会議員補欠選挙で初当選

2014年5月25日
菊池市議会議員一般選挙で1,935票の得票をいただき当選(2期目)

2014年6月7日
福祉厚生常任委員会副委員長
菊池環境保全組合議会議員

2016年6月15日
総務文教常任委員会委員長
菊池環境保全組合議会議員

2016年12月23日
菊池市長選挙への出馬を表明

2016年12月26日
菊池市議会議員を辞職

2017年4月8日
菊池市長選挙に出馬(落選)

2018年5月20日
菊池市議会議員一般選挙で2,654票の得票をいただき当選(3期目)

2022年5月17日
菊池市議会議員一般選挙で無投票当選(4期目)

アクセスカウンター