ほど遠い身を切る改革!

 無投票に終わった菊池市議会議員選挙後、初の市議会定例会が7月15日に閉会しました。
 最終日に、木下雄二議員が提案者となって、荒木崇之、二ノ文伸元議員、福島英徳議員、大山宝治議員が賛同者となり議員定数を20 人から16 人に削減する条例改正案を提出しましたが、賛成5名・反対14名で否決(前議会から4度目の否決)されました。
 私は、討論で「有権者によって選ばれることなく、立候補者の意思だけで決まってしまったということは、民主主義の目的が果たされなかったことになる。前議会において、市民の意見も聞かず議員が自らの定数を20 人から削減しないとした議決が間違っていたことが無投票ということで証明された。前議会において議員定数の議論は出尽くしている。あとは、議員自らが身を切る改革をできるかどうかである」と賛成討論しました。
 前議会で「市民の意見を聞いても自分の考えは変わらない」と言ってたある議員は、「議員を減らすとチェック機能の低下を招く」と反対討論をされてましたが、過去にこの議員が三セクの不正支出(横領)や図書館の高級椅子(1脚10万円)の入札問題等でチェック機能を果たしたこと一度もありません。
一般質問では「生理の貧困」など市へ費用負担を求める質問をされていますが、まずは「隗より始めよ」で議員が身を切ってこそだと思わないのか不思議です。
 もう1人、前議会で「市民の味方である議員を減らすことは市民は望んでない」と言われてた議員は「定数削減の議論は慎重にしないといけない」と反対討論されていましたが、もうどれだけ前議会、前々議会で定数削減の議論をしてきたでしょうか?
 「4名減らすと自分は落選だから」とある議員に話されてたようですが、自身が落選するから選挙をしたくないと本音をいえば良いのに・・・
 最後に、私としましては、「バッジ付けて偉そうにしとるけど無投票だけんな」と市民に言われたくないので、願わくば早急に4名定数削減を行い、来年の地方統一選挙前に市議会を解散し、きちんと市民に選ばれた議員になりたいというのが本音です!
ちなみに、写真は菊池市図書館に置いてあるイタリア製の高級椅子、1脚10万です(笑)
image0.jpeg

294610464_2251257911721802_1984513842062282758_n.jpg

荒木たかゆきの一般質問を傍聴しませんか?

5月の市議会議員選挙後、はじめての定例会となる令和4年第2回定例会が、6月24日に開会しました。
荒木たかゆきの一般質問は7月1日(金)午前10:00から行います。
今回の質問は、TSMCの菊陽町進出で菊池市の土地に関する問い合わせも多くありますので、
「世界的半導体工場の菊陽町進出について」「人事異動内示後の職員昇進について」
の2問です。
田植えなどで、お忙しい時期と思いますが傍聴いただければ幸いです。
なお、一般質問の内容につきましては、「市政報告」にて必ずご報告いたします。

一般質問案内

菊池市議会議員選挙の結果について

今回の菊池市議会選挙は合併後初の無投票となり、荒木たかゆきは4期目の議席を頂きました。
ただ私としては4年間の評価をいただきたかったし、民主主義の根幹である選挙をしたかったというのが本音です。
不本意ながら無投票当選となりましたので万歳三唱も行いませんでした。
しかし、これで私の公約である「議員定数削減」を市議会は避けて通れなくなったと前向きに捉えて、しっかり活動してまいります。
今後とも皆さんのご支援を糧に頑張りますのでよろしくお願いします。
出陣式には200名を超す支援者の方にご臨席いただき本当にありがとうございました!
翌朝の16日には、同志と共に辻立ちをしました。

280476632_2200831173431143_71792862151379150_n.jpg

281268298_2200831216764472_5401617157235816019_n.jpg

280652678_2200831223431138_7067846719443423171_n.jpg

280319755_2200831183431142_937327448089550321_n.jpg

280782130_2200831240097803_9195712852979174010_n.jpg






停滞か、再生か。その2

後援会だより配りは、七城南地区まで行きました。
新型コロナ感染症の拡大防止のため、対面でのご挨拶を控えていますが、たまたまお会いできた方には手渡しをし、お話させていただいてます。
 その中で、「○○議員も来たけど、議員定数削減に賛成って言ってたよ」とか「今度、新人で立候補する○○さんは荒木さんたちと仲間て言ってたよ」と何度か(結構頻繁に)言われました。
ハッキリと申しあげますが、現職の議員で議員定数削減に賛成しているのは、木下雄二議員(菊池)、二ノ文伸元議員(菊池)、福島英徳議員(七城)そして私の4名だけです。
 また、政策協定を結んでいるのも、この4名だけです。新人の立候補予定者の方で政策協定をしている方はいません。
 選挙のために自身の信条を変える政治家が世間に信用されるとは思いません。また、仮にそうすることで当選できたとしても、政治家としての倫理に反する行為はしたくないと思っています!
 上手口が言えない馬鹿と言われても、少数派だと馬鹿にされても有権者(市民)には正直でありたい。

1-123.jpg

停滞か、再生か。

4年間の活動をまとめた政策集を作成しました。
当初は8ページくらいになっていましたが、支援者の方から「そんな長文は誰も読まんよ(笑)」と指摘され、私が特に市民の方に届けたいものを掲載しました。
 掲載予定だった、高齢者の方の買い物、市内循環バス、物産館の統合、市公共施設削減に向けた市の消極姿勢、太陽光問題なども別の形でお伝えできればと考えます。
現在、印刷に入っていますので来週から少しずつお届けできるかと思います。
 先読みでご一読いただければ幸いですが、なんせ私は、耳障りの良い政策や抽象的な言葉は嫌いです。ストレートな表現が多いのでお気に召さない文章もあるかと思いますが、荒木たかゆきの想いの強さだとお許しいただき、今の菊池市の市政、市議会を直視してもらいたいです。
※なお、私の政策を一人でも多くの人に広めたいというポスティングを一緒にしていただく方がいらしたら、ご連絡お待ちしております。

1-11.jpg

1-13.jpg

1-14.jpg

1-12.jpg


プロフィール

takayuki araki

Author:takayuki araki
荒木崇之(49歳)

1973年7月
熊本県菊池市泗水町福本生まれ

泗水町立泗水小学校卒業
泗水町立泗水中学校卒業
県立鹿本高等学校卒業
宮崎産業経営大学卒業

1996年4月1日
泗水町役場に入庁
泗水町教育委員会社会教育課(5年)
泗水町農業委員会(5年)

2005年3月22日
市町村合併により菊池市へ

菊池市議会事務局(5年)
菊池市役所税務課(1年)
菊池市教育委員会泗水分室(10か月)

2013年1月31日
菊池市役所を退職

2013年4月14日
菊池市議会議員補欠選挙で初当選

2014年5月25日
菊池市議会議員一般選挙で1,935票の得票をいただき当選(2期目)

2014年6月7日
福祉厚生常任委員会副委員長
菊池環境保全組合議会議員

2016年6月15日
総務文教常任委員会委員長
菊池環境保全組合議会議員

2016年12月23日
菊池市長選挙への出馬を表明

2016年12月26日
菊池市議会議員を辞職

2017年4月8日
菊池市長選挙に出馬(落選)

2018年5月20日
菊池市議会議員一般選挙で2,654票の得票をいただき当選(3期目)

2022年5月15日
菊池市議会議員一般選挙で無投票当選(4期目)

アクセスカウンター